BLOG本日の出入口ブログ

No.1932 労いと感謝

2020年08月29日


 

新建新聞社さんが運営するチカラボに
マイスターとして連載しています。

 

https://chikalab.net/rooms/108

 

 

 

心楽パートナー株式会社の
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

今日は終日訪問コンサル、
各事業部の根拠ある目標数字を
管理職の方々と一緒に決めます。

 

 

 

前年度は初めてだったので
今回は早く決められると思います。

 

 

 

さて、昨日は
安倍総理の辞任が
発表されましたが、
驚きというより残念だし
残念以上に感謝です。

 

 

 

持病と向き合い
上手に付き合ってきたからこそ
歴代1位の長期政権になったのでは
ないでしょうか。

 

 

 

しかも潰瘍性大腸炎は
国の指定難病です。

 

 

 

たまたま昨日のブログで
コロナは持病みたいなもので
上手に付き合うしかないと
書いたのですが、
それを実践されてきた
ということですね。

 

 

 

No.1931 上手に付き合うしかない

 

 

 

持病、激務、批判、60歳代など
考えるだけで尊敬の念だし
並大抵のバイタイリティでは
ないはずです。

 

 

 

そう考えると
麻生さんや二階さんは
どれだけパワフルなのか。

 

 

 

今回の安部総理の会見を
ほとんど見たのですが
印象に残った言葉が
痛恨の極み、断腸の思いです。

 

 

 

特に北朝鮮の拉致問題は
総理大臣の枠を超えて
感情が出ていたように感じました。

 

 

 

だからこそ
一番伝わってきたのかもしれません。

 

 

 

それに対して
労いの言葉は無く冒頭の挨拶もない
一部の記者には非礼過ぎると
感じました。

 

 

 

考えの違いはあれど
人として敬意は必要なことです。

 

 

 

それも価値観の違いと言えば
それまでですが
結局、批判や粗探しが
最も簡単な方法だし、
それを繰り返すと思考習慣として
身についてしまいます。

 

 

 

逆に成功習慣と言われるくらい
良い習慣は良い人生へ
導いてくれると言われています。

 

 

 

起きた出来事を
どう捉え、どう感じるかが
価値観なわけですが
せっかくなら良い方に転がる
捉え方や考え方を
身に付けたいですね。

 

 

 

ちなみに会社で良しとする
価値観や判断基準を
言語化したものが経営理念です。

 

 

 

下図だとビジョナリープランと
表現しています。

 

 

 

ビジョンとお金

 

 

 

特に関係するのが行動指針です。

 

 

 

厳しい世の中だからこそ
もうひと踏ん張りできることが
会社の存続、発展繁栄に
繋がるのではないでしょうか。

 

 

 

行動指針にはビジョンを
実現するための判断基準、
選択理由とも言えます。

 

 

 

最後に安倍総理には
お礼と労いの気持ちを込めて
お疲れ様でした。
ありがとうございました。
とお伝えしたいです。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/