BLOG本日の出入口ブログ

鉄は熱いうちに打て

No.1916 鉄は熱いうちに打ちまくれ

2020年08月13日


 

住宅業界の
キャッシュフローコーチ
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

今朝は起きてすぐに
近所の屋島を登ってきました。

 

 

 

登山

 

 

 

頂上で写真を撮り忘れたのですが
これは下りです。

 

 

 

さて、ちょうど今
業務改善というか
仕組みを1から作っている
工務店があります。

 

 

 

時々ブログで紹介している
工務店経営者とのJVによる
工務店コンサルです。

 

 

 

現在、見込のお客さんと
順調に話が進んでいます。

 

 

 

大詰めを迎える段階ですが
コンサルのメニュー通りというか
実践の方がややリードするくらいの
スピード感で進んでいます。

 

 

 

ある意味、綱渡り状態です。

 

 

 

万全の体制かと言えば
そうではないかもしれません。

 

 

 

要は全く完璧ではありません。

 

 

 

もしかしたら
これが世の中の常識的な
見方かもしれませんね。

 

 

 

でも、これだと知識で終わり
身になるのは随分先になります。

 

 

 

出口も経験がありますが
コンサルの講座に通いながら
翌週にはそれを実践することで
吸収力も質問の質も
全く違ったと思います。

 

 

 

一言で言うなら、必死ですね。

 

 

 

必ず死ぬと言えば
大袈裟かもしれませんが
会社経営で言えば
生きるか死ぬかの瀬戸際と
言えるかもしれません。

 

 

 

今回のコンサルは
仕組みの構築や知識習得が
元々の目的でしたが
目の前の案件を受注するのも
対応することにしました。

 

 

 

契約は最終的に
相手が決めることなので
コントロールできませんが
それまでの努力は
自分でコントロールできる
範疇です。

 

 

 

コンサルが始まって
僅か2週間ですが激変ですね。

 

 

 

その激変の要因は
やはり即実践できる状況が
あるからです。

 

 

 

キャッシュフローコーチ協会の
言葉を借りるとしたら
脱★完璧主義ですね。

 

 

 

それに超を付けて
超脱★完璧主義と
言ってもいいくらいでしょう。

 

 

 

でも、そこは
3人寄れば文殊の知恵と
同じ高い熱量とスピード感が
力になっていると感じます。

 

 

 

きっと、一人でも
熱量やスピード感が異なれば
上手く行かないでしょう。

 

 

 

何かを成し遂げるには
勢いも大事ですからね。

 

 

 

時機を逸すると
次はいつくるか分かりませんし。

 

 

 

鉄は熱いうちに打ちまくれ!

 

 

 

もちろん顧客目線は必須ですけどね。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/