BLOG本日の出入口ブログ

華吹

No.1897 長く続くことは価値

2020年07月25日


 

住宅業界の
キャッシュフローコーチ
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

雨が続いているせいか
そろそろ運動したくなってきました。

 

 

 

さて、ヤフーニュースで
驚いた記事がありました。

 

 

 

それは

 

50歳力士112年ぶり勝利
昭和入門の序二段華吹

 

相撲の快挙です。

 

 

 

まず驚いたのが
50歳の現役力士が
いらっしゃること。

 

 

 

華吹(はなかぜ)さんの
プロフィールが
立浪部屋の公式サイトに
掲載されています。

 

 

https://www.tatsunami.jp/

 

 

 

華吹

 

 

 

確かに出口より5歳上の50歳です。

 

 

 

そして初土俵が61年3月なので
16歳ですね。

 

 

 

ということは
出口は11歳で小学5年生かあ。

 

 

 

そして50歳代の力士の勝利は
1908年(明治41年)以来
112年ぶりだったとのこと。

 

 

 

明治に50歳代、
それもまた凄い話ですね。

 

 

 

優勝と比べれば華々しいとは
言えないかもしれませんが、
50歳、112年ぶりは
大きな記録の1つですね。

 

 

 

おめでとうございます!

 

 

 

現役を長く続けられることは
小規模事業者にとっては
鏡みたいな存在です。

 

 

 

出口はコロナがきっかけで
5年、10年、20年先を
今まで以上に考えるように
なりましたからね。

 

 

 

短期間で一気に昇り詰めるか、
中長期的にじっくり昇るか、
相撲は比較的現役期間が短いので
前者が評価されがちですが
後者も素晴らしい価値観だと
感じました。

 

 

 

あと、112年という数字に
共感したのも理由があって
携わっている会社のうち
3社が100年企業だからです。

 

 

 

木材を扱う仕事は
歴史がありますからね。

 

 

 

ちなみに3社とも
木材を扱う仕事だけど
業態変化を経ています。

 

 

 

50歳までしばらくありますが
勇気をいただいた勝利だし
この5年間が自分の人生にとって
重要だと改めて感じる機会と
なりました。

 

 

 

快挙という視点は豊富にありますね。

 

 

 

もしかしたら、社内でも快挙を
成し遂げた方がいらっしゃるのでは?

 

 

 

見つけたら
ぜひ見える化してあげてください。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/