BLOG本日の出入口ブログ

リモート管理

No.1886 移動は費用か投資か

2020年07月14日


 

住宅業界の
キャッシュフローコーチ
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

今日は大阪で訪問コンサル、
今月も車で行くつもりです。

 

 

 

それにしても
今年の梅雨は雨がよく降ると
感じます。

 

 

 

さて、昨日帰宅すると
新建ハウジングが届いていて
1面に目が留まりました。

 

 

 

ロボットが現場監督の分身に
リモート管理で生産性アップ

 

 

 

リモート管理

 

 

 

現場の固定カメラや
床下を潜る移動式カメラは
随分前から存在しますが
ネット上でラジコンのように
動かすのは聞いた記憶がありません。

 

 

 

最近、大手ゼネコンが
タワークレーンを
遠隔で動かすシステムを
開発した記事は見ましたが
遠隔操作がさらに
身近になった感じです。

 

 

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00154/00954/

 

 

 

運用実績ができたようで
10月から月額制で全国に
展開するとのこと。

 

 

 

コロナ前から開発運用して
コロナを機に注目度が
加速しそうですね。

 

 

 

実物も運用状況も
直接聞いていないので
賛否は別としても
活用できれば記事の通り
現場監督の移動時間が
一気に減るでしょう。

 

 

 

移動が多いと
仕事した気になりがちですが
実際は現地での管理業務が
仕事ですからね。

 

 

 

こんな雨続きの夕方だと
ラッシュですぐに1時間経ちます。

 

 

 

人件費以外にも
ガソリン代、通行料も発生します。

 

 

 

業務上においては
移動は費用そのものです。

 

 

 

出口もコロナを機に
旅費交通費が大きく減りました。

 

 

 

ただ、投資効果がある
移動もあります。

 

 

 

人と会うからこそ
関係性が深まったり
会うからこそ聞ける話もあります。

 

 

 

今のところ
リモートとリアルと
最善な方を織り交ぜることが
重要だと思います。

 

 

 

どちらにしても
リモートに対応する必要が
あるということですね。

 

 

 

今日訪問する
大阪の工務店の社長とは
ZOOMや電話も多様しています。

 

 

 

コロナの感染者数に
一喜一憂されないためにも
状況に応じて対応できる体制が
求められています。

 

 

 

出口も
電話コンサルの経験が
3年以上あるので
ZOOM定期コンサルを
強化していきます。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/