BLOG本日の出入口ブログ

スケジュール管理

No.1889 予定はいつ練るのか

2020年07月17日


 

住宅業界の
キャッシュフローコーチ
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

今日はデスクワーク、
腰を据えて今後の計画を練ります。

 

 

 

直近でやること、
半年、1年先に向けてやること、
2、3年先に向けてやることも
確認します。

 

 

 

ちなみに出口の直近とは
来週~1か月のことです。

 

 

 

そこで質問です。

 

 

 

例えば、直近1週間の予定は
いつ練っていますか?

 

 

 

スケジュール管理

 

 

 

1.そもそも予定は練らない
2.月曜日の朝に会社で練る
3.日曜日の夜に家で練る
4.日曜日の朝に家で練る
5.前週に練っている
6.もっと前から練っている

 

 

 

日曜日に休みでない方は
平日に置き換えてくださいね。

 

 

 

この6つのパターンで
手帳に予定が最も入っているのは
おそらく6でしょう。

 

 

 

そこまでいけばベストですが
もし現状が1や2だとしたら
まずは4をお勧めします。

 

 

 

1と2だと
月曜日の午前中は
バタバタするか暇をするか
あっという間に半日が過ぎそうです。

 

 

 

3や4の日曜日に
予定を練り終えておけば
月曜日は朝一から
スタートダッシュが切れ
充実した3、4時間になるはず。

 

 

 

日曜日は
夜も悪くはないですが
朝をお勧めするのは
休日を堪能するためです。

 

 

 

夜に予定を練る場合
日中は頭のどこかで気になるもの。

 

 

 

家に帰ったら
来週の予定を練らなきゃ・・・

 

 

 

サザエさんを見ながら
憂鬱になるパターンですね。

 

 

 

価値観の違いはあるでしょうが
出口がブログを朝に書き終えるのは
1日気になるのが嫌だからです。

 

 

 

それに夜は既に頭が疲れています。

 

 

 

予定を決めるには
前向きな気持ちも大事。

 

 

 

そもそも嫌々では
埋まりませんからね。

 

 

 

もちろんアポイントは
相手の予定があるので
もっと前から取り終える
必要があるでしょう。

 

 

 

仕事の予定を練るのは
時間外労働では?
という疑問が浮かんだなら
自分のためならどうする?
という話です。

 

 

 

人より収入を得たい、
今の生活を維持したい、
願望があるなら工夫や努力は必要。

 

 

 

簡単な話ですね。

 

 

 

予定を練るのは
別に休日でなくても
良いと思います。

 

 

 

休日前の就業時間内に
予定を決めておけば
朝から休みを堪能できます。

 

 

 

現状を本気で打破したいなら
時間の遣い方を変えることから
始まります。

 

 

 

時間に追われるのも
必ず理由がありますからね。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/