BLOG本日の出入口ブログ

洪水

No.1879 現状把握から対策が見える

2020年07月7日


 

住宅業界の
キャッシュフローコーチ
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

今日は電話コンサル、
キャッシュフローコーチ仲間と
打合せがあります。

 

 

 

ご承知の通り九州地方の雨は
酷い状態のようです。

 

 

 

被害に遭われた方々に
お見舞い申し上げます。

 

 

 

研修に参加された方もいて
現状が気になるところです。

 

 

 

この画像だけ見るとまるで川ですが
左には車が浸水しています。

 

 

 

洪水

 

 

 

福岡で大雨特別警報が出るのは
4年連続とのこと。

 

 

 

異常が当たり前に
なっているのかもしれません。

 

 

 

今年で終わってほしいですが
未来のことは分かりません。

 

 

 

ただ、過去は調べることができます。

 

 

 

昔、どんな状態だったのか?

 

 

 

出口が住む香川県高松市の
ハザードマップを見れば
元々は川や海だったところが
水害の影響を受けやすい場所だと
分かります。

 

 

 

6年前まで住んでいたところは
たまたま少し高い場所でしたが
高潮の影響で近所は浸水、
ハザードマップの通りでした。

 

 

 

あと、今では使うことのない
昔の地名で水に纏わる文字が
含まれる場合も要注意です。

 

 

 

今いる場所が
昔どんな場所だったのかを
知ることも現状把握の1つ。

 

 

 

これは経営改善も同じで
初めに手を付けるのが
現状把握です。

 

 

 

そこから原因や
理想とのギャップが見え
効果のありそうな対策を
検討、実施していきます。

 

 

 

現状を知ると
愕然とする可能性はありますが
そこから目を逸らしても
根本的な解決には至りません。

 

 

 

ハザードマップを見るのと
現状の経営数字を見るのは
似ている感覚になりました。

 

 

 

浸水で建物の被害を
防げなかったとしても
防災セットを常備したり
避難場所を想定するなど
現状把握により
対策をイメージできます。

 

 

 

会社だと
資金調達で現預金を多めに
持っておくこと等があります。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/