BLOG本日の出入口ブログ

テンポ

No.1945 テンポの良さに触発される

2020年09月11日


 

新建新聞社さんが運営するチカラボに
マイスターとして連載しています。

 

https://chikalab.net/rooms/108

 

 

 

心楽パートナー株式会社の
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

突然ですが、キャッチボールを
想像してみてください。

 

 

 

投げた球がすぐに返ってくるのと
なかなか返ってこないのでは
気持ちにどんな違いがありますか?

 

 

 

おそらく前者だとお互いテンポが
早まることで気持ちが上がります。

 

 

 

よりいい気分になると思います。

 

 

 

そして自分も
そのテンポに合わそうと
努力します。

 

 

 

結果、ボールをやりとりした回数、
つまり行動量も増えます。

 

 

 

ちょうど今
コンサル先の工務店A社の専務、
コンサル側の工務店B社の社長、
出口の3人でグループLINEを
共有しているのですが、
具体策を話し合った後の
工務店A社の専務の行動が
早くて驚いています。

 

 

 

驚くというより
レスポンスの良さに
嬉しくなります。

 

 

 

本気が伝わってきます。

 

 

 

そして周りも触発され
このスピード感を
基準にしようと努力します。

 

 

 

この流れだと
良い結果が早く出る条件が
整います。

 

 

 

そう考えると
途中の経過報告も行動なので
関わる人達には重要なことです。

 

 

 

経過報告がないと
周りからしたらやっていないと
捉えられる可能性があります。

 

 

 

報告・連絡・相談の
報連相が大事な理由の1つですね。

 

 

 

クイックレスポンス、
マメな報連相があれば
自然とより応援したくなるもの。

 

 

 

ちなみに既読機能は
開いたことは自動で伝わりますが
内容を理解したかはわかりません。

 

 

 

何かしら一言でも
返すことで関わる人達の
疑心暗鬼が生まれにくくなります。

 

 

 

そういう出口も
クイックレスポンスや
マメな報連相はまだまだなので
気を付けます。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/