BLOG本日の出入口ブログ

長所を見つける

No.1938 良い変化は努力して見つける

2020年09月4日


 

新建新聞社さんが運営するチカラボに
マイスターとして連載しています。

 

https://chikalab.net/rooms/108

 

 

 

心楽パートナー株式会社の
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

今日も自撮りの続きとデスクワークです。

 

 

 

さて、安倍総理が辞任を表明した中継は
橋下徹さんが出ている番組でした。

 

 

 

分かりやすくて辛口な
橋下さんの話は好きなので
下記に記事に目が留まりました。

 

 

橋下徹「首相辞任を3時間でも早く報じようとするマスコミの非効率」

https://blogos.com/article/482126/

 

 

 

以前ブログでも触れましたが、
記者の挨拶と言い質問内容といい
もっと他に聞くことあるでしょ?
と思ったのは気のせいではなかったです。

 

 

 

質問の質が人生の質を決めると
言われていますが
答える方もそれなりの事しか
答えられなくなりますよね。

 

 

 

7年8か月の長期政権で
何もやっていない批判が
多々ありましたが
そうだったら長続きしませんよね。

 

 

 

今になって外交など評価が高い面が
出てきています。

 

 

 

出口は政治に詳しくないですが
そもそも良いと思っていない人の
良いところを見ようとすることは
努力が必要です。

 

 

 

遠目からダメだと批判するのは
努力不要で一番楽です。

 

 

 

これは会社の上司と部下の関係でも
同じことが言えるのではないでしょうか。

 

 

 

日頃の行いがイマイチでも
部下に興味を持って
過去と比べてほんの一部でも
良い変化があれば
そこはピックアップして
認めてあげるべきだと思います。

 

 

 

部下には早く気付いて
変わってほしいところですが、
もしかしたら会社を去ってから
気付くかもしれないし
死ぬまで気付かないかもしれません。

 

 

 

変わることを決めるのは
結局自分ですからね。

 

 

 

ただ、気付かせる機会を
作るのは大事なことで
良いところを見つける癖は
今後の人財育成で必ず役立ちます。

 

 

 

橋下さんも言っていますが
政治が良くなる批判なら
意味はありますが、
全体が下がってしまう批判は
全く意味がありません。

 

 

 

会社でも批判的な意見が
会社にとってプラスなら
とことん向き合って
話し合うべきだと思います。

 

 

 

最近、部下指導に悩む
管理職の方と話したのですが
困ったと言いつつも
きちんと部下の変化を
感じ取っていました。

 

 

 

興味関心が無かったら
絶対に出ない言葉です。

 

 

 

結果はどうあれ
後悔しないようにベストを
尽くされていると感じました。

 

 

 

やり抜く覚悟を感じる
言葉が多かったです。

 

 

 

あと、社長との関係も
絶対的なものを感じました。

 

 

 

出口も枠に囚われず
やれることをやろうと
思わせてくれたことに感謝です。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/