BLOG本日の出入口ブログ

担ぐ神輿

No.1946 幹部との絶対的な信頼関係

2020年09月12日


 

新建新聞社さんが運営するチカラボに
マイスターとして連載しています。

 

https://chikalab.net/rooms/108

 

 

 

心楽パートナー株式会社の
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

最近思うことがあります。

 

 

 

15人以上の会社になると
社長の力以上に幹部の力が
無くてはならないと
より感じるようになりました。

 

 

 

社長ならこう考えるだろう、
社長だから仕方ないなど
長所も短所も理解している
幹部がいる会社は強いですね。

 

 

 

社内でごたごたがあって
色々と相談をもらいましたが
幹部の方々は社長の想いを
しっかりと部下に伝えています。

 

 

 

こんなことを伝えたと
出口に報告してもらった際の
声は力強く覚悟を感じました。

 

 

 

あるワークをした時も
幹部の方が社長の性格を
しっかり理解していたのが
証明されましたからね。

 

 

 

社長と幹部の絶対的な信頼関係、
今はそれが社内全体に
少しずつ浸透している感じがします。

 

 

 

違った見方をすれば
事が起こった時は考え方を伝える
良い機会と捉えることもできます。

 

 

 

ただ、出口も含め
ハラハラドキドキですけどね。

 

 

 

社長は神輿のように
担いでもらってなんぼと
言われる方もいます。

 

 

 

担ぎ手が減ると
1人当たりの負担は
重くのしかかりますが、
絶対的な信頼関係の
幹部の存在が会社を
守ってくれます。

 

 

 

ただ、社長は
それに甘んじて放置したり
さらに重石を載せてしまうと
さすがの幹部も潰れてしまいます。

 

 

 

定性的な話ですが
神輿を上げるだけでなく
崩れないようにするのも
自分の役割だと感じます。

 

 

 

そのためには
耳の痛いことも話します。

 

 

 

では、また明日。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/