BLOG本日の出入口ブログ

No.1751 報連相も鏡のようです

2020年03月1日


 

建設業専門の傾聴屋
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今日は経理処理をしたら
ゆっくりします。

 

さて、経営者や管理者から
よく聞く悩みが

報告がない

連絡がない

相談がない

報連相です。

 

 

ちなみに時系列で見ると

報告は過去のこと

連絡は現在のこと

相談は未来のこと

です。

 

言い難いですが
相連報の方が並びは
しっくりきます。

 

それらを共有できれば
仕事の悩みの大半は
解決するんじゃないですかね?

 

それくらい重要なことですが
なかなかできないですよね。

 

その理由の1つが
後輩や部下に報連相を
強要する割に
言う方ができていない場合が
意外と多いです。

 

言い方はきついですが

俺はやらないけど
おまえはやれ!

状態です。

 

これだと
やるわけないですよね。

 

自分が思う以上に
些細なことでも
やっていないことは
見られているものです。

 

人はやりたくない理由を
見つけるのが得意ですから。

 

まさに相手は鏡です。

 

報連相だけではないですが
習慣を促すのに必要なのは
正当性です。

 

例えば
毎日ブログを書きましょうと
出口が推奨できるのは
出口自身がやっているから
耳を傾けてくれるのだと思います。

 

そうでないと
やっていないアンタに
言われてもねえ・・・
となります。

 

また報連相に対しての
リアクションも大切です。

 

リアクションについては
昨日のブログで触れています。

 

No.1750 リアクションをしよう

 

あと、報連相を受ける時の
場づくりも大事ですね。

 

報連相をしたくなる
表情・姿勢・言葉
継続に繋がります。

 

まずは立場の上の人から
報連相を当たり前のように
丁寧にやってみては
いかがでしょうか?

 

では、また明日。

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/