BLOG本日の出入口ブログ

No.1965 労働分配率は生産性の目安

2020年10月1日


 

新建新聞社さんが運営するチカラボに
マイスターとして連載しています。

 

https://chikalab.net/rooms/108

 

 

 

心楽パートナー株式会社の
出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

 

 

日中は住宅会社でゴルフ、
夜は工務店社長とZOOMコンサルでした。

 

 

 

そのコンサルで気になったのが
労働分配率です。

 

 

 

下図のお金のブロックパズルを
見てもらうとよくわかります。

 

 

工務店の経営数字

 

 

 

人件費が粗利に占める割合です。

 

 

 

人件費には役員報酬、
給与に賞与、社会保険料が
含まれます。

 

 

 

労働分配率は
職種によって%は変わりますが
少ない人件費で多くの粗利を
稼いだ方が生産性は高いと言えます。

 

 

 

逆の見方をすれば
給与が安すぎると言える場合も
あります。

 

 

 

どちらにしても言えるのは
これから生産性向上は
益々求めらる時代だということ。

 

 

 

ちなみに今回の工務店さんの
労働分配率は50%でした。

 

 

 

案の定、雇用している人数が
通常の売上規模より多かったです。

 

 

 

ただ、新卒を採用するなど
未来の投資をされています。

 

 

 

出口の中の基準では
工務店の労働分配率は
40~45%が標準値です。

 

 

 

顧問先の中には
30%という驚異的な
労働分配率の工務店もあります。

 

 

 

生産性、スピード感のレベルは
極めて高く、新築の工期も短いです。

 

 

 

ということで
今日の工務店さんは
年間の返済から逆算して
利益と粗利目標を算出したところ
年間棟数の目標が10⇒12棟に
変わりました。

 

 

 

雇用人数の割に
売上や棟数が少ないと
何となく感じていたのが
明確になったと思います。

 

 

 

あと、身近な幹部と
共有してもらうことになりました。

 

 

 

経営が他人事から自分事に
少しずつ変わっていく
プロセスになるはずです。

 

 

 

巻き込む、任せる大きな一歩になるでしょう。

 

 

 

今回は以上です。

 

 

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

 

 

 

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/contact/