定期訪問コンサルティング

新入社員並みの報酬で、月1回出社の社外No.2幹部を採用できる
定期訪問コンサルティング

風土改善
 

集客・収益・人財などのお困りごとトップ3にフォーカスし、いつでも相談できる相手がいることで、経営者の心を楽にします。
それにより、不安という『不快』を取り除き、『快』の状態で、楽しく本来やりたい仕事に集中してもらうことで、業績向上を後押しします。
合わせて、『あり方』と『お金』を見える化し、それに沿った行動計画を立て、社内に浸透させていきます。
また、社外にいるが故に、第3者の着眼点から見た状態をお伝えすることもできます。
社長のみならず、幹部や社員と接する機会を設け、立場の違いから来る遠慮と思い込みを解消する橋渡しも行います。




【社外幹部の主な業務】

 

◎ビジョナリーコーチング

 

常に、優先順位の高いお困りごとの現状と理想の状態を言語化し、ギャップを埋める条件を検証します。
また、先の予定だけでなく一緒に過去を振り返り、自分や周りへの感謝や改善にフォーカスすることで、小さな成長に気付き、モチベーションが上がります。

 

◎ビジョナリープラン策定

ビジョナリープランとは、下記の項目を言語化や数値化して社長や会社の進みたい方向、あり方などを見える化することです。

●ミッション(使命感)
●カンパニースピリッツ(経営理念)
●セルフイメージ(自己像)

●ビジョン(理想の状態)

●アクションプラン(行動計画)

●キャッシュフロー経営(お金の見える化)


下図は、各項目の役割です。

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e5%9b%b3
 

まず、社長の頭の中にあるものを見える化することで、本人自身が腹に落ちる感覚と、未来に向かってワクワクする感情を得られます。
そして、仕事の意義や会社の方向性を社員にも浸透させることで、軸が定まります。
イメージは、今まで行き先が船長しか分からなかった、もしくは船長すら分かっていなかった船から、全ての船員が行き先と航路、日程を把握した状態にします。
その結果、意欲や姿勢が徐々に変化することで、最適なやり方を自ら見つけ出し、生産性向上が実現できます。

 

◎アクションプラン策定

策定したビジョナリープランで『あり方』が定まった後、次に行うのが下図の『お金のブロックパズル』を元にした年間アクションプラン策定です。

%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%ba%e3%83%ab

ビジョンの実現には、お金が無くては妄想で終わります。
人間で例えると、お金は血液のようなもので生命に関わります。
やり方は、過去の収益を図形化し、利益から売上げを逆算することで、営業・採用・設備投資・貯金など方針を検討していきます。
これにより、不安の原因である『曖昧(あいまい)』が解消するので、打つ手も明確になります。
特に、粗利UPにフォーカスすることで、単に変動費を抑えるのではなく、価値と効率を上げるために何ができるかを共に考えます。
このように、根拠があれば腹落ちした状態なので、行動にも粘りが出ます。
定期訪問では、1カ月前の変化やお困りごとをヒアリングするだけでなく作成した年間アクションプランを元に進捗状況を一緒に確認していきます。
これがペースメーカーの役割となります。

 

◎幹部育成

%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%e5%8c%96%e3%81%ae%e5%bf%85%e8%a6%81%e6%80%a7
 

まずは、ビジョナリープランを経営者側の一員として検証してもらいます。
そして、クレド(行動指針)が社員全員に伝わるかどうかも同時に行います。
また、幹部とも定期的に面談することで、社長の想いを伝えたり、逆に社長に言いにくいことを代わりに引き出します。
もちろん、相談役でもあるので他言無用の内容は守秘義務を守るので、社長に言えない場合もあります。

 

◎社内研修



ビジョナリープランが定まり、幹部が理解した後は、社員に浸透させていきます。
時には面談も行い、第3者だからこそ聞ける普段は言えない想いをヒアリングします。
また、会社のお金の流れについて、絵でわかりやすく説明することで、自分達の仕事の目的や意義が理解できるようになります。
それにより、行動が意欲的で粘り強くなり、生産性が向上します。
同時に、安心・安全・ポジティブな場をつくり、繋がりも強化していきます。




【社外幹部の採用概要】

報  酬:月額15万円~
契約期間:12カ月更新(途中解約可)
交通費 :別途必要
その他 :随時電話、メール可


詳細は、下記よりお問い合わせください。

contact-gr400