No.1672 勘定以上に感情


建設業専門の傾聴屋
出口経尊(でぐちみちたか)です。

今朝は早めに東京駅に来て
ブログを書いています。

 

さて、昨日は少し前に
建設関連の団体で講演をした際に
お声がけいただいた
埼玉の経営者とお会いしました。

 

その時の講演の様子です。

 

 

軽めの事業相談と食事会。

 

どちらかと言えば
食事会がメイン。

 

初めてきちんと話し合う、
お互いを知ることから
始まりますからね。

 

そもそも今回のご縁は
懇親会でわざわざお声がけを
いただいたのがきっかけです。

 

後からアンケートを拝見しましたが
メルマガ登録や個別相談には
希望のチェックが入っていませんでした(笑)

 

わざわざお声がけいたただく、
講師の際、これほど有難いことはないです。

 

1つ大きなきっかけとなったのは
同い年ということ。

 

同じ年でなかったら
声をかけていなかったかも
しれないそうです。

 

ちゃんと自己紹介
生年を伝えるのは大事ですね。

 

1975年生まれの44歳。

生まれも育ちも香川県。

小学4年生の娘がいる。

工業高校、工学部出身。

元建設業。

都内に拠点がある。

などなど。

 

共通点があるだけで
人は親しみを感じます。

 

そう言えば、5年くらい前にも
前職の時に同い年だからという理由で
仕事に繋がりました。

 

あと必ず

なぜコンサルタント業なのか?

お伝えしています。

 

今の仕事をしている理由ですね。

 

これも共通点というか共感の1つ。

 

 

共通点や共感は
不変な事実に対して
感情が紐づきます

 

その感情は人それぞれ。

 

特に最近は
より感情にフォーカスするように
なっています。

 

経営数字は現時点での
結果という事実なので
真逆ですけど
数字を作るのは人間

 

感情によって
発想、思考、行動は
全く変わりますからね。

 

当然、成果にも影響します。

 

壮大なビジョンもイメージして
言葉にしていただき、
聴いている出口もワクワクしました。

 

共に楽しみ、共に悩み考える

 

感情を持って仕事をする面白さですね。

 

来月、再会するのが楽しみです。

 

感情で思い出しましたが
以前クライアントから
出口のコンサルティングについて
お客様の声をいただきました。

 

・感情が入っている楽しさがある。

・感情を入れて考えてくれることはプラスで面白い

 

やはりこれからも
お互いの感情を大切にします。

 

では、また明日。

 

メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/