No.1670 比率を俯瞰する


建設業専門の傾聴屋
出口経尊(でぐちみちたか)です。




今日からブログのソフトの仕様が変わり
戸惑っています。




さて、昨日は都内でコンサルを終え
夜はコンサル仲間と
8カ月ぶりに食事をしました。




いつもは出口の地元の香川ですが
今回は都内で都合が合いました。




秋葉原に泊まっているとのことで
前日に続き、両国の同じ店へ。




二度同じものをいただきましたが
やはり美味しかったので
間違いありませんでした。




出口は多い方ではないと思いますが
時々コンサル仲間と直接会ったり
勉強会に参加しています。




一時期に比べたら
かなり減りましたけどね。




彼はコンサル先の仕事に加え
出版するなど仕事量の多さで
クライアント以外と食事するのは
久しぶりだそうです。




そんな中出た話が
比率の重要性です。








例えば、
分け方としては業務内容、
顧客別などの売上や粗利、
時間の配分です。




業務内容は言ってみれば
サービス内容。




コンサル業だと
定期コンサル、研修、講演などに
分かれます。




土木のクライアントだと
土木、基礎、外構の3部門あります。




工務店のクライアントだと
新築、リフォーム、雑貨など
複数部門あります。




一番理想的なのは
どれも最大30%以下
がいいね!という話になりました。




特にリピート性の高い
BtoB向けのサービスだと
1社あたりの比率が高ければ
ある意味リスクです。




そこが無くなれば
大きなダメージを受けます。




また、1つのサービスに
絞り過ぎてしまうと
それもリスクになります。




時間の配分に関しては
今の売上に直結することに
注力し過ぎてしまうと
未来の仕事が入ってこない
状態になります。




また情報の仕入れや
サービスの向上に
時間を遣うことも大切。




出口は年初から
今より余裕ができるので
整えることに時間を遣う意識が
さらに強くなりました。




重要で緊急なこと
全ての時間を遣うのではなく
重要だけど緊急でないこと
時間を設けるイメージですね。




そんな自分を俯瞰する時間、
かなり大事だと思っています。




では、また明日。




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/




事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/