No.1657 成長とは器を広げること

 



【No.1657】

建設業専門の傾聴屋

出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今日は大分で定期訪問コンサルです。

 

昨日、東京から大分に
飛行機で移動してきたのですが、
都会だと満員電車で
通勤するのが当たり前。

 

満員電車の様子は
全国ニュースなどで見かけますよね。

 

でも、見ると体験するのとでは
大違いです。

 

随分慣れましたが
それでも疲労感が大きいですから。

 

その良し悪しは別にして
見方を変えて見ると
都会の人は朝一番の通勤から
鍛えられているわけです。

 

また、出社前にカフェで
仕事や勉強している人が多くいます。

 

逆に地方の人は
家から会社までドアtoドアで
移動できるのである意味贅沢な話。

 

そう思えるのは
日常と離れた視点を持つからこそ
気付くことです。

 

出口は今だと両方とも
普通になっていますけどね(笑)

 

井の中の蛙大海を知らず

と言われる通りで限られた視野だと
成長は頭打ちします。

 

成長とは
器の容量を大きくすること。


 


 

入る器にスペースがなければ
知識や経験を詰め込んでも
入りませんよね?

 

能力や結果はその後の話です。

 

念のため
井の中の蛙大海を知らず
の意味を共有しておくと、

狭い世界に閉じこもって
広い世界のあることを知らない。

狭い知識にとらわれて
大局的な判断のできないたとえ。

とあります。

 

自分はできている!と
自信を持つことも大事ですが、

・何と比べてできているのか?

・その根拠は何なのか?

謙虚に確認することが
成長には欠かせません。

比べるためには基準になる
広い視野や多くの視点が
必要になります。

ということで
地方の人は都会に足を運び、
都会の人は地方に足を運び、
当たり前の視点を変えることで
新たな情報を自ら取りに
行ってみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに地方だと
香川県を推奨します(笑)

 

最近、クライアントにも
具体的なイベント名を挙げて
上京するのを提案したところです。

 

どんな展開になるのか楽しみです。

 

社長の視野が広がれば
スタッフもまた変わりますからね。

 

では、また明日。

 




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/