No.1621 営業活動は瞬間と継続に分ける

 



【No.1621】

建設業専門の傾聴屋

出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今日は移動日です。
在来線は揺れるので
新幹線で仕事をします。

 

さて、たまたま
昨日の電話コンサルで
生まれた言葉があったので
ご紹介します。

 

それは営業活動の戦術について。

 

例えば

・値下げ
・新商品
・話術
・キャンペーン

などに頼ったものを
瞬間風速営業
名付けてみました。

 

ちなみにこれが悪い
というわけではありません。

 

時には必要でしょうが
毎度毎度、瞬間風速営業に
頼るのはどうなんでしょう?
という投げ掛けです。

 

例えば、値下げ
度々お金のブロックパズルで
お伝えしていますが
値下げ分だけ利益を削ります。

 

利益を削れば
税引後利益からの返済、
必要な貯金に影響を与えます。

 

ブロックパズルについて
こちら↓

 

No.1586 値下げで利益0、値上げで利益倍増



 

 

新商品
世の中のニーズ、
タイミングなど
自社開発でない限り
コントロールしにくいかと。

 

話術
高いに越したことはないですが
個人差が大きかったり、
マンパワーに頼り過ぎると
リスクが大きいかと。

 

キャンペーン
値引きと同じで
仕入を下げないと
粗利が減るだけ。

 

広告宣伝費がかかると
固定費が増えるし、
頻繁だと飽きられます。

 

何が言いたいかと言えば
瞬間風速営業は
あくまで瞬間風速

 

一時的な効果、
または応急処置です。

 

そこでお勧めしたいのが
継続微風営業です。

 


 

イメージは風力発電。

 

一瞬の突風より
微風でも長く吹いた方が
発電できます。

 

余談ですが
重機屋時代は風力発電に
注目され始めた頃で
施工図面を何度も書いた
記憶があります。

 

ちなみに
瞬間風速営業
継続微風営業
ネット検索には
出てこなかったですね。

 

例えば継続微風営業には

・ニュースレター
・ブログ
・SNS
・OB客向けイベント
・OB客訪問

など売上に直結しない
情報発信など継続的に行い
接触頻度を高めることです。

 

何かあった時に
相談できるのか?

親身になって
聞いてくれるのか?

 

突き詰めると
信頼してもらえるかどうか
ではないでしょうか?

 

行動し続けた過去は
お金では買えませんからね。

 

継続的な行動で
正当性を高めていきましょう。

 

では、また明日。

 




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/