No.1580 採用と教育の継続は世の中に貢献できる

 



【No.1580】

建設関連専門

想いお金の両立パートナー

出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今日は東京の事務所の収納を
組みばらししてから
新幹線で帰郷します。

 

新幹線は飛行機より
時間はかかりますが、
仕事ができるので
効率的な面もあります。

 

さて、台風15号は
千葉県で大きな被害をもたらし
停電は9月13日以降に全面復旧の見通し。

 


 

出口の身近な人だと
工務店経営学部の共同主宰の
井内さんが停電の影響を受けました。

 

工務店経営学部
工務店経営勉強会から
名称が変わり
サイトもリニューアルしました。

https://bmc.dtoac.com/

 

復旧が当初の発表より
遅れているようで
災害復旧の見通しの甘さ
東京電力だけでなく
JR東日本に対しても
批判的な報道が多かったです。

 

なかには、前置きで

現場の方は一所懸命
やっておられると思いますが・・・

がある時は聞く耳を持てますが
ただの批判に対しては
反論したくなります。

 

原因の1つには
採用や教育を怠った
5年~20年前のツケが
形となって表れているのでは
ないでしょうか?

 

出口が建設業にいた
20年前から急激に単価が下がり
経費がかかるものに対して
削減のマインドが当たり前
なってしまいました。

 

値下げで受注する、
値下げしないと受注できない。

 

そんな時代でしたね。

 

今もそのマインド、
慣習は残っていますが
さすがに値下げを強要されると
やらないという選択肢が
増えてきました。

 

これから建設需要が
落ち込むと思われますが、
人手不足も続くので
バランスの変化には
注視しておきたいですね。

 

出口がセミナーや社内研修で
お伝えする会社のお金の話では
値下げの影響に必ず触れます。

 

図で表すと▲5の部分です。

 


 

売上から5%値引くと
粗利、利益がどうなるか?

 

変動費は50のままで
粗利が45になり
粗利と固定費が同じ45なので
利益は?です。

 

そう、利益が0なので
返済や貯金ができません。

 

これが何年も続けば
会社は事業が継続できなくなります。

 

言い換えるなら、
値下げによる痛みを明確
しています。

 

受注のためには
値下げが必要な時もあると思います。

 

ただ、闇雲だったり
癖になっているなら
止めた方がよくないですか?

 

自助努力自己犠牲の違いで
自己犠牲を続けるのは
ただの苦痛

 

出口は事業が
長く発展繁栄していくことが
一番大事だと思っています。

 

そうなれば
採用や教育に投資できるので
世の中に貢献できます。

 

特に建設業はその影響力を
発揮しやすい仕事ではないでしょうか?

 

では、また明日。

 




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/