No.1490 家づくりは双方が命を使うもの

 



【No.1490】

想いお金の両立パートナー、

出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今日は理念浸透の訪問コンサルです。

 

さて、昨日は住宅会社で
経営理念の中にあるバリュー
(考え方・価値観・行動指針)を
作るために皆さんに
仕事で大切にしていることを
書いていただきました。

 

前日のブログと
同じ書き出しですが
違う会社です。

 

共通しているのは
どちらも住宅を建てます。

 


 

前日のブログはこちら↓

No.1489 理念も承継するもの



 

一日おいて同じ研修をやるのは
初めてかもしれません。

 

おかげで記憶が鮮明なので
また間髪入れずにやりたいですね^^

 

ホワイトボードも
同じように書いて
説明していますが
注目してもらいたいのが
赤丸で囲んだところです。

 


 


 

ミッションを日本語にした

使命です。

 

なぜ、その仕事をするのか?

 

それをすることで
世の中にどんな影響を及ぼすのか?

 

もっと重たい言い方をすれば
命を使ってでも
やりたいこと
です。

 

大袈裟だと
思われるかもしれませんが
実際、命を使っています。

 

少なくとも家を買う人は。

 

つまり、お客様です。

 

住宅ローンを組む時
生命保険に入りますよね?

 

それに対して住宅会社は
何棟、何十棟、何百棟分の1です。

 

この立場の違いから
ギャップが生まれ
クレームに発展します。

 

何が言いたいかと言えば
一方が命を使うなら
もう一方も命を使う必要がある
のではないかということです。

 

それくらい家づくりは
使命感を持ってやるべき仕事
だと感じます。

 

均衡が取れた時
きっと共感者が増え
特命や紹介受注に繋がり
業績にもプラスの影響を
与えてくれるはずです。

 

そんなプラスの想いは
思考や言動、行動に
反映されるので
協力業者にも派生します。

 

ミッションの意味が
わかりやすい事例だと思い
住宅に携わる2社を
取り上げてみました。

 

そして、こんな使命を
継続していくためには
数字に向き合う必要があります。

 

数字とは
現預金利益
増やすことです。

 

想いとお金の両立の必要性は
こちらのブログでご紹介しています↓

No.1488 (自称)4WD経営のススメ



 

ちなみに
お金に向き合いたいけど
難しそうと感じる
住宅会社の経営者は方は
2019年7月31日の勉強会に
参加しませんか?

 

詳細はこちらです↓

【7月31日開催】黒字経営とキャッシュリッチを実現する工務店経営勉強会の体験&説明会



 

余談ですが
と言う字は
家の立面図に似てると思うのは
私だけでしょうか?


 

では、また明日。

 




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/