No.1438 給料明細の総支給を見てください

 



【No.1438】

想いお金の両立パートナー、

出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今日は日中デスクワーク、
夜はU_20工務店の
ZOOMミーティングです。

 

さて、今回は
経営数字というより
給料の話です。

 

昨日のブログでは
粗利率を改善する際に
考えることをお伝えしました。

 

No.1437 粗利率を改善する際に考える事



 

何のために粗利率を
改善するかと言えば
会社の利益
懸命に働いている人達の
収入を増やすためです。

 

また、お金があれば
未来や効率のための
設備投資ができます。

 

教育にも回せます。

 

休日も確保できます。

 

利益を出すという事は
良い事だし、必要な事
だというのが前提です。

 

出口のミッションは

チャレンジできる場を整え、
物心両面で豊かにする

ことなので
チャレンジする人には
豊かになってほしいと
本氣で思っています。

 

ですので
社長だけの収入アップを求める
会社のコンサルティングは
一切していません。

 

もちろん、皆さんにも
相応の行動は求めていますけどね。

 

以前にもお伝えしていますが
会社のお金(会計)
家庭のお金(家計)
密接に繋がっています。

 

というか直結しています。

 


 

左図の人件費から
社長も含めた給料が出ています。

 

仮に給料が上がっても
お小遣いは上がらない?
かもしれませんが、
家庭を考えると上がった方が
絶対に良いと思うんです。

 

ただ、手渡しの給料や
銀行口座にはそれほど
増えていない場合があります。

 

なぜなら
社会保険料の比率など
天引きが増えているので
残念ながら手取りには
そのまま反映されません。

 

同じく会社が負担する
社会保険料も上がっています。

 

これも人件費に含んで
考えています。

 

それくらい
手取りを増やすことは
支払う側も受け取る側も
容易ではありません。

 

ということで
手取りも大事ですが
総支給も確認してみてください

 


 

個人だろうが会社だろうが
お金や数字に向き合うことで
採算意識は高まります

 

そうなれば、思考と行動が
利益を残す方向に
針が振れるようになります。

 

では、また明日。

 

追伸

年間受注棟数20棟未満
(U_20)の工務店を対象にした
経営の勉強会を開催します。

※ページ内に参加者の声を追加しました。

https://bmc.dtoac.com/archives/event/20190522

 




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/