No.1333 利益が出るようになったそうです(後編)

 



【連投No.1333】

想いお金の両立パートナー、

出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今朝は電話コンサルと
コンサルの資料作成、
連続研修の提案書作成です。

 

さて、今日は
昨日一昨日のブログの続きで
年賀状をいただいた方が
なぜ利益が出ているかについてです。

 

昨日のブログはこちら↓

No.1332 利益が出るようになったそうです(中編)



 

連続講座や個別相談では
利益が出る構造と
そもそもなぜ
利益が必要かなど
お金の流れの話と、
お金に対するイメージや
自己肯定感の見直しなど
お金の概念の話を
させてもらいました。

 

今日はお金の概念の話をしますね。

 

そもそも、概念とは何かと言えば
例えばご自身がお金について
どう感じているか?
どんな印象を持っているか?
過去にどんな出来事があったか?
などの捉え方定義です。

 

お金の話はご法度、
稼ぐことは悪い事、
お金持ちは性格が悪い、
お金を持つと人は狂うなど
もし、このような
悪いイメージを抱いていたら
お金の事を好きになるのは
難しいでしょうね。

 

出口は昔そうでした。

 

でも、嫌いなのに
欲しかったわけですよ。

 

今は随分好きになりましたが
まだまだ修行中ですけどね。

 

これは
取り巻きやメディアなど
過去の環境の影響が
大きかったと思うんです。

 

まずは、お金に対する
概念とか定義の書き換えが
必要でした。

 

お金の概念で
もう1つ必要なのが
自己否定を止め、
上限という枠を外すことでした。

 

少々おこがましいくらいで
自分の価値を見つけて
自身を認めることで
自己肯定感が生まれます。

 

そして可能性の枠を
大きくすることです。

 

何なら、上限の枠なんて
無くてもいいです。

 

どうせ私は・・・
私なんて・・・
というのは上限の枠ですね。

 

セルフイメージ
言われる自己像が
否定的で過小評価だと
見事に実現してしまいます。

 


 

図は魚が泳ぐ水槽で
例えるのですが、
水槽が小さければ
それ以上魚は大きくなりません。

 

実際は分かりませんが
イメージです。

 

だから
自分が成長するには
水槽を大きくする
しかありません。

 

幸い人間は、
自分で水槽の
大きさを
決める
ことができます。

 

上限がない
大海原に出るイメージも
アリです。

 

上限を小さくすることは
変化を必要としないため
楽だったり
リスクにならないので
無意識に言い訳として
遣うってしまうこともあります。

 

逆に肯定的で
可能性を追求していくと
変化していくので
怖さもあるでしょう。

 

ただ、周りから見て
結局どちらが
自信がありそうか?
任せて大丈夫か?
魅力的か?
お金を払う価値があるか?
運が良さそうか?など
理想の人を
引き寄せる要因

なるのではないでしょうか?

 

効果的なチラシやHPを整えても
ノウハウやテクニックを学んでも
上手くいかない原因は
周りではなく
自身の心の中に存在
します。

 

年賀状を送っていただいた方は
真剣にご自身に向き合われて
改善されたのだと思います。

 

今回のブログ記事は
あえて3回に分けて
書いてみましたが、
できているところ、
できていないところを
改めて見つめ直してみては
いかがでしょうか?

 

もしかしたら、
たった1つの0を
1にするだけで
飛躍的に成果が出るかも
しれませんよ。

 

出口も忘れかけていたことを
思い出すきっかけになりました。

 

では、また明日。

 




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/