No.1332 利益が出るようになったそうです(中編)

 



【連投No.1332】

想いお金の両立パートナー、

出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今朝は
経営理念浸透コンサルの一環で
行動指針の問いかけから
スタートします。

 

さて、今日は昨日のブログの続きで
年賀状をいただいた方が
なぜ利益が出ているかについてです。

 

昨日のブログはこちら↓

No.1331 利益が出るようになったそうです(前編)



 

連続講座や個別相談では
利益が出る構造と
そもそもなぜ
利益が必要かなど
お金の流れの話と、
お金に対するイメージや
自己肯定感の見直しなど
お金の概念の話を
させてもらいました。

 

今日はお金の流れの話をしますね。

 

出口のブログを読まれている方は
お馴染みのブロックパズルが
登場します。

 

ここでは仮に1年間、
5%値引きし続けたとします。

 

もし、前期が5%の
利益だったとしたら
同じ販売量で
5%値引きし続けた場合、
今期の利益は
どんな収支になるかといえば・・・

 


 

売上は当然、5%ダウン。

 

粗利(売上-変動費)は
変動費が50のままであれば
売上95-変動費50=粗利45

 

ちなみに変動費とは
売上の増減に直結して
増減するもので
仕入や外注がそれに当たります。

 


 

値引きで粗利が45になるので
粗利と固定費の差が0。

 


 

粗利率は50%から47%で
最後は、こんな感じ。

 

おー、赤字ではないですね。

 


 

でも、よく見てください。

 

枠の右側にはみ出たもの
あるでしょ。

 

しかも返済以外は
斜線が入っています。

 

問題はここです。

 

税金は利益が出ていなくても
約8万円かかりますし、
もし、借入があるなら
返済は必ず発生します。

 

返済は、税引後利益から
支払うので枠外になるわけです。

 

尚、お金が理論上戻ってくる
減価償却費の繰り戻しは
ややこしくなるので
今回は割愛します。

 

でも、利益が出ていなければ
貯金から出すか
再び借りて返すしか
ありません。

 

また、返済だけでなく
将来の設備投資
万一の備えで貯めておく
必要もあります。

 

また、節税も大事ですが
物を買って節税するのでは
現金が残らない
原因の1つになります。

 

たかが5%と
安易に値引きし続けたら・・・

 

いつまで経っても
厳しい状況が続きます。

 

年賀状を送っていただいた方は
その原理を腹落ちさせ
値引きを抑制したことで
多少の失注はあっても
利益を確保できる体質になりました。

 

これでかなり値引きに
ブレーキがかかりましたが、
そこに至るまでは
まだ改善が必要だったのを
思い出しました。

 

それがお金の概念です。

 

マインド、メンタルなど
内にあるものも
同時に書き換えが必要でした。

 

続きは明日書きますね。

 

では、また明日。

 




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/