No.1312 期待通りから、期待を超える

 



【連投No.1312】

想いお金の両立パートナー、

出口経尊(でぐちみちたか)です。

 

今日は電話コンサルと
工務店が加盟する団体で
研修講師です。

 

さて、何かを
買わなければいけないと
必要性が生まれた時や
何かを買いたいと
欲求が生まれた時は
何を基準に選んでいますか?

 

英語だと
必要はneed、
欲求はwantですね。

 

出口の場合は
needだと感情としては
やむを得ない状態なので
価格の安さを重視します。

 

とりえあず、これでいい
という感じなので
基準が数字の低さです。

 

食事で例えるなら
ファーストフードです。

 

ただ安いと言っても
安物買いの銭失いに
ならないようには
意識しています。

 

wantはどうかと言えば
その商品やサービスが
欲しいわけなので
値段は気になりますが
少々高くても買います。

 

食事だと、味や彩、
空間を楽しめる
レストランですね。

 

商品やサービスは
技術力、デザイン力など
差別化する力が問われます。

 

それにより期待通りだと
嬉しいでしょうが、
さらに嬉しくなるのは
期待を超えた時です。

 


 

振り返ってみると
期待を超えた時は
自分のことを
よく分かってくれている、
理解してくれていると
感じましたから
相手目線ということですね。

 

そこには、今までの
関係性が絡む場合が多いです。

 

馴染みの店が好きなのは
一から説明しなくても
分かってくれることが
楽だし嬉しいです。

 

逆に出口も
あえて言いなりになって
手間をかけさせないように
意識しています。

 

お金は払う側と
受け取る側がありますが
結局、人と人なので
お互いの気遣い
大事だと思っています。

 

どこまでできているかは
相手がどう思うかなので
分からないですけどね。

 

でも、そう思い合えることが
出口にとっては価値です。

 

価値観は人それぞれですが
誰から買うか
これからも重視します。

 

そして出口も
そう感じてもらえるように
頑張ります。

 

では、また明日。

 




メルマガでは、ブログに公開しない
コンサル事例等をお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、下記URLよりご登録ください。
週一メルマガ『今週の出入口』
http://shinraku.biz/emailmagazine/

事業相談、社内研修、講演等につきましては
下記より、お問い合わせください。
http://shinraku.biz/mailform/